Internet Explorer、ダメ絶対!

あなたが使用している Internet Explorer というブラウザはとても古いものです。
言ってしまえば、百害あって一利なしの老害です。
世界中で、多くのWEB制作者があなたの Internet Explorer のせいで苦悩しています。

どうか、最新のモダンブラウザ(EdgeやFirefox、Google Chrome)をお使いください。

Google Chromeをダウンロード
Nextcloudとラズパイで公開クラウドストレージを作る方法【自宅サーバー】

Nextcloudとラズパイで公開クラウドストレージを作る方法【自宅サーバー】

11月 28, 2019
サーバー

スライド

構成

Model: Raspberry Pi 3 B+
OS:Raspbian buster
PHP:7.2
Server: Apache
Nextcloud: 17.0.1
Router: F660A
Domain: freenom
家に余っている外付けHDDがなかったので、Prime Note Galleria QF560に付属のTOSHIBA製500GBを使用しました。

必要なもの

  • Raspberry Pi 3 Model B+
  • micro SDカード 16GB
  • 電源ケーブル(今回は別で買いました)
  • HDD(500GB以上推奨)
  • USBキーボード・マウス
  • 外付けHDD用ケーブル

前提

  • vimインストール済み
  • IPアドレス固定済み

作り方

基本

まずはパッケージ更新をします。)

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

サーバーのインストール

Apacheとphp7.2をインストールします。

$ sudo apt-get install apache2
$ sudo apt-get install php7.2

NextCloudのインストール

ウェブサーバーの公開ディレクトリに移動

$ cd /var/www/html

NextCloudのファイルをダウンロード
記事公開時点での最新版は17.0.2でした。

curl https://download.nextcloud.com/server/releases/nextcloud-17.0.1.tar.bz2 | sudo tar -jxv

もしドメイン直下からアクセスさせたければ、nextcloudフォルダ内のファイルをすべて~/htmlの中に入れましょう。

データベースのインストール

今回はMariaDBを使います。

$ sudo apt-get install mariadb-client mariadb-server

インストール後、MariaDBにログインします。

$ sudo mysql -u root -p
CREATE DATABASE (db-name);
CREATE USER '(db-username)'@'localhost' IDENTIFIED BY '(db-userpass)';
GRANT ALL PRIVILEGES ON (db-name).* to '(db-username)'@'localhost';
FLUSH PRIVILEGES;
quit

(db-name):データベース名
(db-username):データベースユーザー名
(db-userpass):ユーザーのパスワード
をそれぞれあてはめてください。

HDD

さて、面倒な作業がやってきました。
外付けHDDを購入した人は、Raspberry piにつなげましょう。
家に余っていたHDDを使う場合は、USB-SATAケーブルを買い、つなげましょう。

df

まずは、dfコマンドでHDDがどこにつながっているか調べましょう。
マウント位置もしくは使用可の大きさで接続先が分かると思います。
たいていは/dev/sda1につながっていると思います。


今回はGPartedを使用します。

$ sudo apt-get install gparted

でインストールします。
(※ここから先、画像がありません。)
そしたら、右上の接続先から、先ほど確認したものを選びます。
そして、すべてのパーティションを削除します。
次に、未割りあてとなっているところを右クリックし、”新規”ボタンをクリックします。
ファイルシステムをext4にし、”追加”をクリックします。
最後に、上のチェックマークをクリックし、しばらく待てば完了です。


マウントフォルダを指定し、マウントします。
今回はmedia/nxhd1にします。

$ sudo mkdir /media/nxhd1
$ sudo mount /dev/sda1 /media/hdd1t

これでほぼ完了です。


しかし、ほぼ完了といってもまだ終わりではありません。
fstabに記入する作業が残っています。
まずはUUIDを調べましょう。

$ sudo blkid -o list

UUIDをコピーして、fstabを開きます。

$ sudo vim /etc/fstab

以下のように書き込みましょう。

UUID=XXXXXXXXXXXXX /media/hdd1t ext4 defaults,nofail 0 0

そして、再起動しましょう。
これが失敗すると面倒で、Raspberry piからSDカードを抜き、WindowsPCなどで、boot内のcmdline.txtに、

init=/bin/sh

を最後に追記してSDカードを戻し、起動。
fstabをもとの状態に戻して、先ほどとは逆の作業をして…
ということをしなければなりません。
私はこの作業の影響でファイルマネージャーが立ち上がらなくなりました。

NextCloudを設定

Apacheを再起動し、http://localhost/にアクセスします。

$ sudo service apache2 restart

アクセスすると、いろいろPHP関連が足りないといわれるので、追加します。

$ sudo apt-get install php7.2-mysql php7.2-pgsql php7.2-zip php7.2-dev php7.2-mbstring php7.2-gd php7.2-curl

ユーザー名やパスワードは自由に設定してかまいません。
データフォルダーは先ほどマウントした位置に。
データベース関連は作成時に入力した名前・ユーザー名・パスワードを入力。
ホスト名はlocalhostまたはIPアドレスを入力。
これで設定は完了です。

ポート開放

今回は外部に公開するため、ルーターのポート開放を行います。
私の家はNuro光を使用しているため、ZTE製のルーターの設定を行います。

アプリケーションからポートフォワーディングを選択

上の画像のように入力
(名前は適当に。内部ホストのIPアドレスはRaspberry piのIPアドレスを入力)
SSLを設定するときは80→443 81→444のようにしましょう。

ファイアウォール設定

外部に公開するときは、もちろんファイアウォールを設定しましょう。

sudo apt-get install ufw
sudo ufw allow 22/tcp
sudo ufw allow 80/tcp
sudo ufw allow 443/tcp
sudo ufw enable

できればSSHのポートもセキュリティ上変更しておいたほうが良いです。

ドメインの接続

難関、再び。
まずは、myDNSに登録します。

そして、メールアドレス認証を行った後、発行されたID・パスワードでログインします。

A.無料のサブドメインもしくは取得済みのドメインを入力
B.@もしくは希望のサブドメインを入力(Aレコード)
入力し終わったら、CHECK→OKをクリックします。
そしたら、homeなどにnotice.shというファイルを作成します。
中に以下を記述します

#!/bin/bash
wget -O - 'http://(username):(password)@www.mydns.jp/login.html'

(username)や(password)はそれぞれmydnsのものです。
保存したら、

chmod 755 notice.sh

を入力し、

crontab -e

30 * * * * /home/(username)/notice.sh

と書きましょう。(username)はRaspberry piのユーザー名です。
最後に、nextcloudのconfigファイルに、登録したドメインを追加しておきましょう。

Let’s encryptの導入

sudo apt-get install certbot
sudo apt-get install python-certbot-apache

証明書を取得します。
ドメインが正しく接続されているかを確認して下さい。

sudo certbot --apache

つまづいたこと

1.HDDがうまくマウントされない
→nofailsに設定したところ直った。
2.SSLが設定できない
→調査中
3.ドメインが接続されない
→Cloudflare経由でのアクセスは安定しないようなので、MyDNSから接続させる。
4.アプリストアが開けない
→おそらくIP関係が原因
5.メールサーバーが分からない
→Sendgridを経由させることによって解決
6.なぜか外部からアクセスできない
→そもそもRaspberry PiのルーターIPの設定が間違っていた
→192.168.1.1に直すとアクセスできるようになった

追記

今回は、freenomのドメインを使用しましたが、ちょうどメンテナンス時期と重なっており、なかなか時間がかかりました。

参考にしたサイト

・NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド
https://raspida.com/nextcloud-rpi3b
・Raspberry pi + Nginx + Nextcloudでクラウドサーバーを立ち上げる
https://qiita.com/meznat/items/3d6d06220ba4efd3666a
・RaspberryPi3とNextCloudでメディアサーバを構築する
https://qiita.com/pira/items/10efe9e93cbf13e1617f